チャンピオンズリーグ

Jリーグ

「助けてっ、殺される!」
8月9日午前0時30分ごろ、宮城県警に切羽詰まった女性の声で、110番通報が寄せられた。

女性は、交際相手の男性に暴行を受けていたのだ。女性が提出した被害届を受けて、9月7日、男は傷害罪容疑で逮捕された。この事件の加害者は、サッカーJ1の「ベガルタ仙台」に所属するMF・道渕諒平(26)。そして被害者の女性は、地元放送局の情報番組で活躍するタレントだった――。

「彼は仙台のユース出身で、サポーターの期待は大きい。キレて無用なファウルをする選手ではなく、むしろ仕掛けるプレーからファウルを多くもらうタイプ。日本代表入りも狙える、スター性のある選手です」(サッカー専門誌記者)

道渕は、「ヴァンフォーレ甲府」に所属していた2017年にも、別の女性への暴行事件で逮捕され、出場停止などの処分を受けた過去がある。しかし、今回の仙台での事件は、いっさい報じられていないのだ。

韓国

トッテナムは19日(以下、日本時間)、英国・ロンドンのトッテナム・ホットスパースタジアムで行われたウェストハムとの2020-21イングランド・プレミアリーグ(EPL)第5節3-3で引き分けた。 試合開始後、16分で3-0までリードしたトッテナムだったが、後半37分から3連続失点、勝利を逃した。

 チームは惜しくも引き分けたが、ソン・フンミンは後半35分に交代するまで大活躍を広げた。試合後、サッカーメディア「フットボールロンドン」はソン・フンミンにチーム内で2番目に高い評点8点をつけた。同メディアは「早い時間に自信に満ちた姿でゴールを決めた。続いてケインのゴールもアシストした」と説明した。

 この日、2ゴール1アシストでチームの得点にすべて絡んだケインが評点9点で最も高い評価を受けた。別のメディア「デイリーエクスプレス」はソン・フンミンに対し、「トッテナムに完ぺきなスタートを切らせた。彼が競技場を出る前までトッテナムは3-0でリードしていた」とし、評点7点を与えた 8点を受けたケインに続き、チーム内で2番目に高い評点だ。またサッカー統計メディア「WhoScored.com」でもソン・フンミンは8.3点で、ケイン(10点)に続き、チーム内2番目に高い評点を記録した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f4d4e0508660cbae76a829594ed70518dddf592f