日本代表

 15日、サッカー日本代表の森保一監督がメディア向けにオンライン形式での囲み取材に応じた。日本代表は10月にオランダでカメルーン、コートジボワールとの親善試合を行う予定だが、コロナ禍のイレギュラーな大会方式やレギュレーション中でも着々と進化を続ける欧州サッカーの現状について森保監督に質問した。

 まずは8月にバイエルン(ドイツ)の優勝で幕を閉じたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)におけるサッカーの質的変化について、森保監督は「一言で言いますとCL決勝で見た試合、特にバイエルンの戦い方については、われわれが目指すべき戦い方」と感想を述べた。

「対戦したPSG(パリ・サンジェルマン)も同じようにネイマールのような攻撃が中心の選手であっても、本当にハードワークを厭わずにチームのために走って戦うという中で技術を発揮していくことを見せてくれた。バイエルンの方がPSGよりもチームで連携、連動して戦うこと、組織的に戦うという部分、組織でハードワークするというところに関しては上回っていたと思います」

 優勝したバイエルンは準々決勝でリオネル・メッシ擁するバルセロナに8-2という衝撃的なスコアで勝利したが、その中でも前線のトーマス・ミュラー、ロベルト・レヴァンドフスキという30代のベテランFWが強度の高いプレスを前線でかけ続ける姿は印象的だった。森保監督の言う通り、決勝で敗れたPSGも前線で1トップを務めたネイマールが2度追い、3度追いを辞さない守備のハードワークを8月のCL、大会を通して披露した。

 世界中から最高レベルの個をかき集めることのできる欧州のビッグクラブではあるが、特に近年は組織力の向上が著しい。だからこそ、日本代表を率いて世界と対峙することになる森保監督はまず「個の力を上げること」を日本の選手たちに求める。

「日本代表や日本人が今後世界で戦って、世界に勝っていくためには、まずは個の力を上げるということを、もっともっとやっていかなければいけない。日本は組織で戦う、組織力ということでは間違いなく世界の中で、連携・連動していくプラスアルファの力を見出していくことができる国。個の力を最大限上げた中で、日本の組織力を生かしていくようにできれば」(以下省略)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/ichiroozawa/20200915-00198444/

日本代表

日本代表

来年3月の開始を予定しているサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表の試合の地上波テレビ中継が暗礁に乗り上げている。これまで放映権を持っていた、テレビ朝日は契約満了で撤退。アジアサッカー連盟(AFC)が来年から8年間の放映権契約を、香港が本社の代理店と2000億円超という途方もない金額で結んだため、日本のテレビ各局は二の足を踏まざるを得ない状況だ。日本協会も4年に1度のドル箱を失う危機に、焦りの色を濃くしている。

日本代表

日本代表

サッカー日本代表

 森保ジャパンが、9月にも活動を再開することになった。日本協会の反町康治技術委員長(56)が17日、技術委員会後にオンラインで取材に応じ「10、11月にW杯アジア2次予選が始まるのは確定。準備としての9月とは考えています」と明かした。新型コロナ禍の影響でW杯予選は3月以後の全日程が延期。A代表の活動は、昨年12月の東アジアE―1選手権を最後にストップしていた。

 依然として海外とは移動制限が続いているが、今後の状況次第では海外組の招集を含めた国際試合の開催も検討しているという。既に欧州でもリーグ戦を再開した国が多く、代表スタッフとともに映像を通じて各選手の状況や情報の収集を進めている。今後、再開するJリーグも、政府の方針に従った範囲内での視察を検討しているという。

6/17(水) 20:17 スポニチアネックス
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/84022948e617b0e47ce10fcc3b4928bdb1ea61fe

2:: 2020/06/17(水) 20:41:12.73 ID:y907KWSK0
すっかり忘れてた
いたな

 

4:: 2020/06/17(水) 20:45:12.21 ID:el/dPTBd0
森保まだ監督だったのか

 

日本人,日本代表

https://www.youtube.com/watch?v=AKFJ78wigQQ

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、最高のパサーについて自身の『YouTube』チャンネルで語った。(中略)

第3弾ではサッカーの話となり、「日本代表の最高パサー」をランキング形式で発表。「最高のパスで僕を活かしてくれた選手たち」として、自身が共にプレーしたことのある選手から選んだ。

5位にはMF清武弘嗣(セレッソ大阪)を選出。長友は「清武は天才」と語りつつ、「どんなボールの状況でも精度の高いパスが出せる。動いているボールのコントロールやパスが優れている。浮いているボールの処理がうまい」と称賛した。

4位にはMF中村憲剛(川崎フロンターレ)を選び、「憲剛さんのパス、特にインサイド。あのボールを蹴れる人は海外でもなかなかいない。相手が取れないような強いボールで来るんだけど、(自分が欲しい場所で)止まる。めちゃくちゃ視野が広い。(インテルで共にプレーした)チアゴ・モッタに似てる。インサイドの神」などと話した。

3位にはMF中村俊輔(横浜FC)を選び、「もともとの才能があるうえで、努力の天才でもある。先生みたいな、師匠みたいな人。ロングパスも精度が凄い。足下でも裏でもドンピシャでボールが来る。神ってた」と絶賛。そのほか、初めて会った時のエピソードなども話していた。

2位は戦友でもあるMF本田圭佑(ボタフォゴ)。「天才パサーではないけど、めちゃくちゃやり易い。ボールを持って時間を作ってくれて、その間に僕が(相手最終ラインの)裏を狙える。どんな状況でもメンタルがブレない。仲間として戦ってこれたのが誇り」と、様々な思い出話を交えて語った。

そして栄えある1位にはMF遠藤保仁(ガンバ大阪)を選出した。長友は「エンジェル」と遠藤を称し、「料理に例えるとオムライスの卵。遠藤さんのパスはボールが溶けてる。慌てているのを見たことがない。日本代表でも歴代1位の試合数(152試合)。僕が122試合で2位だから記録を抜きたいけど、正直めっちゃ厳しい闘い(笑)。バケモノ。ケガもないし、恐いくらい。鉄人。神、これこそ天才」と感嘆の声をあげていた。

饒舌に天才パサーについて語った長友。今後は海外編や日本代表の若手サッカー選手について語る企画も実施したいと話すなど、自身も『YouTube』を楽しんでいる様子だった。

4/25(土) 13:58配信GOAL
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00010010-goal-socc