ドイツ代表,バイエルン・ミュンヘン,ブンデスリーガ,海外

クローゼ

バイエルンは7日、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏がトップチームのアシスタントコーチに就任することを発表した。契約期間は2020年7月1日からの1年間となっている。また、同じくアシスタントコーチを務めているダニー・レール氏が2023年夏までの契約を結んだことも発表されている。

 アシスタントコーチ就任に際し、クローゼ氏はバイエルンのクラブ公式HPで以下のようにコメントを残している。

「素晴らしい気持ちだ。この任務に就くことを楽しみにしている。ハンジ・フリック監督とはドイツ代表で長い間共に戦ってきた。プロフェッショナルとして、そして1人の人間としてお互いのことを尊敬している。僕にとっては指導者としてのキャリアにおける新たなステップだ。僕のこれまでの経験を活かして、バイエルンの目標達成に貢献できることを願っている」

 現在41歳のクローゼ氏は、現役時代にカイザースラウテルン、ブレーメン、バイエルン、ラツィオでプレー。バイエルンでは2007-08シーズンと2009-2010シーズンのブンデスリーガ制覇に貢献した。ドイツ代表としても長きに渡って活躍。通算で136試合に出場し、同国歴代最多得点記録となる71ゴールを挙げた。また、ワールドカップでも通算16ゴールをマークし、同大会の歴代最多得点記録保持者となっている。

 2016年に現役を引退したクローゼ氏は、ドイツ代表のスタッフとして活動。2018 FIFAワールドカップ ロシアではコーチングスタッフとしてドイツ代表に帯同した。2018年夏からはバイエルンのU-17チームで監督を務めている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01067590-soccerk-socc