日本代表

 15日、サッカー日本代表の森保一監督がメディア向けにオンライン形式での囲み取材に応じた。日本代表は10月にオランダでカメルーン、コートジボワールとの親善試合を行う予定だが、コロナ禍のイレギュラーな大会方式やレギュレーション中でも着々と進化を続ける欧州サッカーの現状について森保監督に質問した。

 まずは8月にバイエルン(ドイツ)の優勝で幕を閉じたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)におけるサッカーの質的変化について、森保監督は「一言で言いますとCL決勝で見た試合、特にバイエルンの戦い方については、われわれが目指すべき戦い方」と感想を述べた。

「対戦したPSG(パリ・サンジェルマン)も同じようにネイマールのような攻撃が中心の選手であっても、本当にハードワークを厭わずにチームのために走って戦うという中で技術を発揮していくことを見せてくれた。バイエルンの方がPSGよりもチームで連携、連動して戦うこと、組織的に戦うという部分、組織でハードワークするというところに関しては上回っていたと思います」

 優勝したバイエルンは準々決勝でリオネル・メッシ擁するバルセロナに8-2という衝撃的なスコアで勝利したが、その中でも前線のトーマス・ミュラー、ロベルト・レヴァンドフスキという30代のベテランFWが強度の高いプレスを前線でかけ続ける姿は印象的だった。森保監督の言う通り、決勝で敗れたPSGも前線で1トップを務めたネイマールが2度追い、3度追いを辞さない守備のハードワークを8月のCL、大会を通して披露した。

 世界中から最高レベルの個をかき集めることのできる欧州のビッグクラブではあるが、特に近年は組織力の向上が著しい。だからこそ、日本代表を率いて世界と対峙することになる森保監督はまず「個の力を上げること」を日本の選手たちに求める。

「日本代表や日本人が今後世界で戦って、世界に勝っていくためには、まずは個の力を上げるということを、もっともっとやっていかなければいけない。日本は組織で戦う、組織力ということでは間違いなく世界の中で、連携・連動していくプラスアルファの力を見出していくことができる国。個の力を最大限上げた中で、日本の組織力を生かしていくようにできれば」(以下省略)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/ichiroozawa/20200915-00198444/

ブラジル代表

日本代表

日本代表

来年3月の開始を予定しているサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表の試合の地上波テレビ中継が暗礁に乗り上げている。これまで放映権を持っていた、テレビ朝日は契約満了で撤退。アジアサッカー連盟(AFC)が来年から8年間の放映権契約を、香港が本社の代理店と2000億円超という途方もない金額で結んだため、日本のテレビ各局は二の足を踏まざるを得ない状況だ。日本協会も4年に1度のドル箱を失う危機に、焦りの色を濃くしている。

日本代表