久保建英

イタリアの『スカイスポーツ』が21日、『トランスファーマーケット』のデータをもとにして19歳以下の若手選手における市場価値ランキングを発表した。ビジャレアルに所属する19歳の日本代表MF久保建英は市場価値3000万ユーロ(約36億9000万円)で8位となっている。

今夏の移籍市場で、レアル・マドリードからビジャレアルにレンタル移籍した久保。昨季はレンタル先のマジョルカで活躍し、公式戦36試合で4得点5アシストを記録していた。今季はこれまでにリーガエスパニョーラの2試合を消化し、いずれも途中出場を果たしている。

同メディアは19歳以下の若手選手における市場価値ランキングの上位30人を選出。バレンシアに所属する19歳の韓国代表MFイ・ガンインは市場価値1350万ユーロ(約16億6000万円)で26位タイとなり、ドルトムントに所属する17歳の米国代表MFジョヴァンニ・レイナは市場価値1500万ユーロ(約18億5000万円)で24位となっている。

アーセナルの19歳DFウィリアン・サリバと、レアル・マドリードからドルトムントへレンタル移籍したヘイニエルは市場価値2250万ユーロ(約27億7000万円)で13位に並んだ。アーセナルで活躍する19歳FWガブリエウ・マルティネッリや、ドルトムントと5年契約を結んだ17歳MFジュード・ベリンガムは市場価値2500万ユーロ(約30億8000万円)で9位タイに。

そして、久保は市場価値3000万ユーロ(約36億9000万円)で8位となっている。寸評では「日本のファンタジスタ。彼は“日本のメッシ”の異名を与えられた選手だ。2011年から2015年までバルセロナのカンテラで育ち、今ではレアル・マドリードからのレンタルでビジャレアルに所属して、攻撃的MFやウィンガーとしてプレーしている」と、コメントした。

久保より上の順位には、チェルシーの19歳FWカラム・ハドソン=オドイやアーセナルのブカヨ・サカ、レアル・マドリードの19歳FWロドリゴなどが並んでいる。そして、トップ3にはマンチェスター・ユナイテッドの18歳FWメイソン・グリーンウッド(3位)、バルセロナの17歳FWアンス・ファティ(2位)、バイエルン・ミュンヘンの19歳FWアルフォンソ・デイヴィスが並んだ。トップに立つデイヴィスの市場価値は8000万ユーロ(約98億5000万円)となっている。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/18935653/

久保建英

久保建英

 リーガエスパニョーラ第2節、ビジャレアル対エイバルの試合が現地時間19日に行われる。両クラブに合計3人の日本人選手が所属しているとあって、多くの注目を集めている。スペインメディア『フットボリストス』はビジャレアルの久保建英とエイバルの乾貴士を共に先発予想した。

 2019年8月に1年間の期限付きでレアル・マドリードからマジョルカへ移籍した久保。2019/20シーズンは公式戦36試合に出場し4得点5アシストを記録している。シーズン終了後にマドリーへ復帰すると、多数のクラブからオファーを受ける中でビジャレアルへレンタル移籍することが決まった。今季開幕戦のウエスカ戦では途中出場を果たし、岡崎慎司がフル出場したウエスカと1-1の引き分けに終わっている。

 対する乾は、2019/20シーズンの公式戦29試合で2得点4アシストを記録。今季から背番号を日本代表でも馴染みのある「14」に変更し、開幕戦のセルタ戦では先発出場を果たして60分間プレーしていた。また、武藤嘉紀がニューカッスルからの期限付き移籍でエイバルに加入することが決定し、リーガで初めて同じクラブに日本人選手が2人所属する状況となっている。

 同メディアはビジャレアルについて、前節負傷のフランシス・コクランに代わりビセンテ・イボーラ、モイ・ゴメスに代わり久保が先発起用されると予想。前節に引き続きサムエル・チュクウェゼやパコ・アルカセル、ダニエル・パレホやジェラール・モレノなどもスタメン出場すると予想している。

 一方でエイバルに関しては、キケ・ガルシアやセルジ・エンリヒなどと共に乾を先発予想。2戦連続の“日本人対決”が実現する公算だ。果たして、今季初勝利を飾るのはどちらのチームになるのだろうか。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6f9cdf008776ff43d7027a9ecbc1f51c87b4e9e4

久保建英

(一部抜粋)
 久保はレベルの高い選手たちのなかで、シーズンを通じて熾烈なポジション争いを強いられることになる。だが、ビジャレアルは今季、ラ・リーガ、EL、国王杯の3大会を戦うため、今後出場のチャンスは多く出てくるはずだ。それではここからは、久保のチーム内のライバルとなる、4選手を紹介しよう。

サムエル・チュクウェゼ(11番/MF)
1999年5月22日生まれ/ナイジェリア出身172cm/70kg
チュクウェゼはスピードを武器に右サイドを主戦場とする、左利きの攻撃的なサイドアタッカー。2017-18シーズンにビジャレアルの下部組織に入団し、その翌シーズンにトップチーム昇格を果たした。15年にチリで開催されたU-17ワールドカップに出場し、現在ナイジェリア代表に選ばれている。昨季のリーガ成績は37試合出場3得点2アシスト。今夏のプレシーズンでは、右サイドハーフとして5試合(先発4試合)に出場し、1得点3アシストを記録している。

久保建英

 注目は久保が絡んでくる攻撃陣だ。前線2枚は、CFに得点嗅覚に優れたパコ・アルカセル、やや下がり目に昨シーズンのチーム得点王(18点)であるジェラール・モレーノというのが現状のレギュラー候補。よって、プレシーズンマッチで主にセカンドトップで起用された久保は、ジェラールのバックアッパーという位置づけだ。ジェラールが最前線、その後方に16番が入るパターンもあるだろう。

 久保がマジョルカ時代に主戦場にしていた右サイドは、ライバルのサミュエル・チュクウェゼが好調だ。個の打開力が武器のナイジェリア代表アタッカーは、プレシーズンにアシストを連発。周囲との連係にも成長が見られ、現時点では明らかに久保よりも結果を残している。

 もっとも混沌としているのが左サイドだ。プレシーズンに出番の多かったモイ・ゴメスも、加入2年目のハビエル・オンティベロスも決め手を欠く。久保もレギュラー争いに加わる余地が十分にあるが、プレシーズンマッチで左サイドでプレーした際に、完全に消えてしまったため印象は良くない。

 いずれにしても、2列目ならどこでも機能する久保であれば、先発でなくても出番は少なくないだろう。また、ミッドウィークに開催されるELでは、スタメンの可能性は高い。そこでアピールできるかどうかが、定位置奪取のポイントとなる。

 マジョルカでも、加入当初は出場機会が限られていたが、シーズン終盤は攻撃の中心を担っていた。プレシーズンでの物怖じしない堂々たるプレーを見る限り、強豪のビジャレアルでも、同じことが起きてもおかしくはない。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bf67e347543fd92dbe274f4045019355cbd324cd?page=2