セリエA,日本人

26日のユヴェントス戦にフル出場したサンプドリアDF吉田麻也について、『ユーロスポーツ』イタリア版などが評価を下した。

サンプドリアは26日、セリエA第36節において首位ユヴェントスと敵地アリアンツ・スタジアムで対戦。前半アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を決められると、67分にはFWフェデリコ・ベルナルデスキによる追加点を許した。サンプドリアは0-2で敗れると、王者ユヴェントスのセリエA9連覇の瞬間を見守った。

吉田は8試合連続で先発してフル出場。試合終盤のCKの場面においては、DFレオナルド・ボヌッチのシュートをライン際で見事にかきだすなど印象的な活躍を見せた。

『ユーロスポーツ』は吉田のパフォーマンスについて、DFロレンツォ・トネッリらと並びチーム内最高点となる「6.5」の評価を下した。寸評においては、「素晴らしい、素晴らしい守備的な戦いだった。少なくとも2回、決定的なクリアを見せた。常にクリーンで読みが正確だった」とコメント。日本代表DFの守備を絶賛した。なおチーム内最低評価はGKエミル・アウデーロの「5.5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に「6.5」と採点。「最高とは言えない状態の守備陣を支えた。本当に素晴らしく確かな存在だ」と綴り、守備陣のリーダーとして信頼できる選手であるとの見解を示した。

さらに地元紙『ジェノヴァトゥデイ』は、吉田をチーム内のMVPに選出。「6.5」と採点し、「ボヌッチの確実な一撃をギリギリのところで救った。もう一度見て見直したくなるプレー。このほかについても守備陣の中で最も素晴らしかった」と綴った。また『スカイスポーツ』や『メディアセット』も同様に「6.5」と高く評価している。

7/27(月) 17:43 GOAL
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6ad9ca0cebfedeead46b25ca82d4929e1f44f1cb

セリエA,日本人

ボローニャは現地時間18日に行われたセリエA第34節でミランと対戦し、敵地で1-5と大敗した。この試合でセリエA初ゴールを記録した冨安健洋を、イタリアメディアが高く評価している。

『スポルトメディアセット』は、冨安にボローニャで単独最高点となる「6.5」の採点。『スカイ』も最高タイで「6」の評価が付いた。

『トゥットメルカートウェブ』は、冨安に「5.5」を付けた。これはボローニャで上から2番目の評価。「見事なゴールでボローニャを試合に引き戻したかに思われた」と評価したものの、そのほかはミランに左サイド、アンテ・レビッチの対応に追われたともしている。

イタリア初ゴールとなった冨安。『スポルトメディアセット』によると、ミラン相手に日本人選手がゴールを決めたのは、1999年ペルージャ時代の中田英寿以来2人目のことだ。

7/19(日) 7:28 フットボールチャンネル
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4b9c3205f8921b9e6df01eefaa4559811cfebbd8

セリエA,日本人

セリエA,日本人

ACミラン,C・ロナウド,セリエA,ユヴェントス