レアル・マドリード

レアル・マドリード

レアル・マドリード

ユヴェントス,レアル・マドリード

マドリーは7日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグでマンチェスター・シティと対戦。ラファエル・ヴァランのミスから2失点を喫し、1-2で敗れた。合計スコア2-4で敗退が決定している。

ジダン監督は「もちろん満足はできないが、これがフットボールだ。得点のチャンスはあったが、それを逃してしまったことを受け入れなければならない」と語り、このように続けた。

「シーズン全体は非常に高い評価に値する。ヴァランを責めることはない。選手にもそう言っている。この試合について言い訳をする必要はない。全力を尽くしたが、時にはうまくいかないときもある」

また、本領を発揮できなかったエデン・アザールについて「彼は元気だ。持っているものを与えた。身体的にもいい状態だし、痛みもなかった」とし、「負けたときは、誰もが理由を探す。ヴィニシウスはプレーしたかもしれないが、今夜は他の選手の番だった」と話している。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e41d8305db662ca0915f0aecc6b3e06ead69e103