リヴァプール

 現地時間10月16日、リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は、元アイルランド代表DFのスティーブ・フィナンが、2005年にチャンピオンズ・リーグ(CL)を制した際の優勝メダルをインターネットオークションに出品したと報じた。

 それはまさに“奇跡”の証拠品である。かつてリバプールでプレーした右SBが出品したのは、04-05シーズンにイスタンブールで開催されたミランとのCLファイナル、3点を先行されながら後半に追いつき、PK戦の末に強敵を撃破した一戦の貴重なコレクションだ。

「イスタンブールの奇跡」と称され、サッカー史に残る死闘のコレクションだけに価値は高い。優勝メダルは1万5000ポンド(約210万円)と高額で取引され、先発出場していたフィナンが着用していたユニホームには、およそ2500ポンド(約35万円)の値が付いた。

 また、フィナンは2005年に開催されたリーグカップの準優勝メダルや着用していたユニホームも競売にかけている。

リヴァプール

リヴァプール

アーセナル,リヴァプール,日本人

南野拓実

アーセナル戦で途中出場を果たしたリヴァプールFW南野拓実について、米メディア『ESPN』はポジティブな評価を下している。

15日に行われたプレミアリーグ第36節で、アーセナルと対戦したリヴァプール。果敢なプレスから試合の主導権を終始握り続けたが、最終ライン付近での2度のボールロストでいずれも失点。1-2で敗れている。 この結果、リヴァプールはマンチェスター・シティの持つ最多勝ち点記録(100)更新の夢は断たれた。

『ESPN』は、「元選手は、口々にすでにリーグ優勝を決めたチームが完全な集中力を維持するのは難しいと語る。今日はその証拠だ」と指摘。それでも、ポジティブな面として61分から出場した南野に言及している。 「本当にうまくプレスをかけ、アーセナルにチャンスを許さない時間帯が多かった。失点までは支配的だった。そしてハーフタイム後に大きな変化があった。特に、タクミ・ミナミノが出てきてからは」

また採点では、ロベルト・フィルミーノらと並び「7」と高評価。「61分からフィルミーノと交代で出場し、生き生きとした表情を見せた。リヴァプールに新たなエネルギーを注入している」と評している。

さらにユルゲン・クロップ監督の寸評でも、「たとえポイントを獲得するのに十分じゃなかったとしても、フィルミーノとミナミノ交代させた彼の決断は、チームを向上させた」と言及。インパクトを与えたことを評価している。 出場直後から積極的にシュートを狙い、ボールに絡む動きを何度も見せた南野。未だゴールは奪えていないものの、アピールには成功したと言えそうだ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/768cb2c1c63df5862e27eab0e7fcb9bc33ad39e1