ユヴェントス

イタリア1部ユベントスが、スペイン1部バルセロナで起きた“騒動”のとばっちりを受けそうだ。発端は、バルセロナでロナルド・クーマン新監督(57)の構想外となったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の獲得に乗り出したことだ。ユベントスはEU圏外枠が埋まっていたため、夫人がイタリア系であったことからスアレスに同国籍を取得させ、問題をクリアしようとした。

 その手続きの一環としてイタリアで試験を受けたが、地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などは、スアレス本人が事前に答えを知っており、カンニングによって合格したとの疑惑を報道。そんな中、新パスポートの取得に予想以上の時間がかかってしまうためユベントスは獲得を断念。スアレスは結局、スペイン1部アトレチコ・マドリードへ移籍した。

 ただ、ここで話は終わらない。イタリア紙「コリエレ・デラ・セラ」によると、ユベントスのクラブ幹部が試験の不正に関与していたという。同国の消費者団体「コダコン」の代表を務めるマルコ・ドンゼリ氏は「クラブの直接関与があれば、イタリアサッカー連盟は厳しく制裁する必要がある」と指摘。その上で「スポーツ正義法第32条に従い、ユベントスの降格を求めている」とコメントした。ユベントスは2006年に審判の買収行為などで2部への降格処分を受けた。今回、関与を指摘された幹部は疑惑を否定しているが、大問題に発展しそうだ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9b4adf206492008b09000730b196d82f367a3261

ユヴェントス

ユヴェントス

ユヴェントス,レアル・マドリード

マドリーは7日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグでマンチェスター・シティと対戦。ラファエル・ヴァランのミスから2失点を喫し、1-2で敗れた。合計スコア2-4で敗退が決定している。

ジダン監督は「もちろん満足はできないが、これがフットボールだ。得点のチャンスはあったが、それを逃してしまったことを受け入れなければならない」と語り、このように続けた。

「シーズン全体は非常に高い評価に値する。ヴァランを責めることはない。選手にもそう言っている。この試合について言い訳をする必要はない。全力を尽くしたが、時にはうまくいかないときもある」

また、本領を発揮できなかったエデン・アザールについて「彼は元気だ。持っているものを与えた。身体的にもいい状態だし、痛みもなかった」とし、「負けたときは、誰もが理由を探す。ヴィニシウスはプレーしたかもしれないが、今夜は他の選手の番だった」と話している。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e41d8305db662ca0915f0aecc6b3e06ead69e103