【閲覧注意】元ロシア主将が審判の判定に腹を立て殴る蹴るの暴行…おそロシア

海外

 サッカーの代表チームの元キャプテンが審判に殴る蹴るの暴行です。

 レッドカードを手にした審判を殴り倒すと、続けざまに顔面を蹴り飛ばします。10日にモスクワで行われたアマチュアサッカーの試合に出場した元ロシア代表キャプテンのロマン・シロコフ選手(39)が審判に暴行を加えました。現地メディアによりますと、シロコフ選手が相手チームの反則が取られなかったことに腹を立てて暴言を吐いたため、レッドカードが出されていました。審判の男性は左目の周りを数針縫うけがをしていて、警察への被害届の提出を検討しているということです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ecdbae75b3f56008a9c1ab99a204bb0d68d22b87

  • 一方で、カッとなりやすい性格としても知られ、Twitterなどでの問題発言により、“ロシアのジョーイ・バートン”とも揶揄されている。
  • 2011年頃に、ライバルチームであるFCスパルタク・モスクワのことを“豚”呼ばわりをした。
  • 2011年10月7日のスロバキア戦で1-0で勝利し、この時点でスロバキアがEURO2012出場権が絶たれ、シロコフは彼らのことを“農夫の集まり”と称し、次戦のアンドラ戦ではスタメンから外される事態となった。
  • 2013年5月19日に行われたFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦で、前日にPFC CSKAモスクワがリーグ優勝を決めた後、「CSKAモスクワは優勝に値するチームだった」とツイートしたことが原因で、ファンから痛烈なブーイングを受けたことにより、試合終了間際にゴールを奪うとホームサポーターが陣取るスタンドに挑発的なポーズを起こしたことが原因で退場処分を受けた。

wikipediaより
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%95

Former Russia Captain Roman Shirokov Hospitalises Amateur League ...