久保建英と冨安健洋が最高評価!『欧州4大リーグ日本人9選手総括&評価』

日本人

欧州4大リーグの2019-20シーズンが8月2日のセリエAをもって無事終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人9選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
※★★★★★が最高、☆が最低

★冨安健洋[ボローニャ]

セリエA出場試合数::29(先発:29)ゴール数:1
コッパ・イタリア出場試合数::1(先発:1)ゴール数:0
評価:★★★★☆
◆セリエA初挑戦で評価急上昇
ベルギーのシント=トロイデンで1年半プレーし、4大リーグの一角であるセリエAへとステップアップした冨安。中堅クラブのボローニャに約10億円で完全移籍した中、本職ではない右サイドバックで十分な存在感を示した。持ち前の守備力は当然ながら水準以上の足下の技術の高さを武器に、開幕から先発の座を勝ち取り、何の問題もなく右サイドバックを務め上げた。2度ほど負傷により戦列を離れたが、レギュラーの座を奪われることなくシーズンを戦い抜き、評価は急上昇。更なるステップアップも近いか。

★吉田麻也[サウサンプトン/サンプドリア]

プレミアリーグ出場試合数::8(先発:6)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
セリエA出場試合数:14(先発:13)ゴール数:0
評価:★★☆☆☆
◆セインツ離れ、サンプの残留に貢献
8シーズンを過ごしたサウサンプトンでは例年のようにベンチを温める状況に陥った吉田だったが、守備の国イタリアに活躍の場を求めたことが正解だった。1月に英語の通じるラニエリ監督率いるサンプドリアに加入した吉田は、リーグ再開後に完全にスタメンに定着。4バックのセンターバックの一角としてチームに安定感をもたらし、残留争いに巻き込まれていたチームを一気に浮上させる役割を担った。

★久保建英[マジョルカ]

ラ・リーガ出場試合数:35(先発:23)ゴール数:4
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★★☆
◆マジョルカ降格も示した存在感
ラ・リーガ初挑戦のシーズンとしては上々の出来だったと言えるだろう。チームは1年で2部落ちとなったが、久保個人としてはトップリーグで十分に通用することを証明するシーズンとなった。シーズンが進むにつれチーム内での信頼を上げていった久保は、4ゴール5アシストを記録。アタッキングサードでアクセントを付ける役割を十分に果たし、マジョルカの大半のゴールシーンに絡んで見せた。

★乾貴士[エイバル]

ラ・リーガ出場試合数:29(先発:23)ゴール数:2
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ★★☆☆☆
◆チーム戦術に埋没
勝手知るエイバルでの復帰シーズンとなった乾だったが、チームの不調に引きずられるように凡庸なパフォーマンスが続いた。気心知れたメンディリバル監督の下でのプレーだったが、指揮官の求める守備のタスクに気を取られ過ぎ、持ち味の攻撃面でインパクトをなかなか残せず苦戦した。結局、シーズンをフル稼働しながらも2ゴール4アシストと得点に関与することが少なく、チームも残留争いを制すのがやっとの状態だった。

★鎌田大地[フランクフルト]

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:2
ヨーロッパリーグ出場試合数:10(先発:8)ゴール数:6
DFBポカール出場試合数:4(先発:3)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆待望のブンデス初ゴール含む公式戦2桁ゴールをマーク
シント=トロイデンでゴールへの意識を高めた鎌田は大きく成長してドイツの地に戻ってきた。2年前には何も残せなかったフランクフルトで開幕からヒュッター監督の信頼を勝ち取り、主力としてプレー。そして積み重ねたゴール数は10。ブンデスリーガ初ゴールこそ5月と時間を要したが、ヨーロッパリーグのアーセナル戦で決めた2ゴールは鮮烈な印象を残した。ブンデスリーガでのゴール数が更に増えれば、評価はより高まるはずだ。

★長谷部誠[フランクフルト]

ブンデスリーガ出場試合数:23(先発:21)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:8(先発:7)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆アジア人ブンデス最多出場記録更新
フランクフルトでの6シーズン目となった長谷部。今季も本職の中盤ではなくリベロでのプレーがメインとなったが、シーズン中盤はヒュッター監督がチームの不調を受けて4バックを採用したこともあり、長谷部の出番が減っていた。それでも、シーズンが再開した終盤は3バックに戻し、その中で長谷部もスタメンとしてプレーし続け、余裕をもったチームの残留に貢献した。6月にはブンデスリーガ通算309試合出場を果たし、アジア人における最多出場記録を更新。1月に36歳を迎えた長谷部だが、来季もフランクフルトとの契約を更新し、偉大な記録をさらに伸ばすことになりそうだ

★大迫勇也[ブレーメン]

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:8
ブンデスリーガ残留プレーオフ試合数:2(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:4(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★★☆☆
◆シーズン終盤に覚醒で残留に導く
ブレーメンでの2シーズン目を迎えた大迫。昨季12ゴール14アシストをマークしたFWクルーゼがクラブを離れた中、エースとしての働きが期待されたが、その重責を担いきることはできなかった。第12節から第30節まで実に18試合もゴールから見放される時期があり、その間チームも非常に苦しんだ。それでも残り4試合で4ゴールを挙げ、何とか残留プレーオフにチームを導いた。とりわけ、最終節の古巣ケルン戦では鬼気迫るプレーで2ゴールを挙げ、自身2度目の降格を回避することに成功している。

★南野拓実[リバプール]

プレミアリーグ出場試合数:10(先発:2)ゴール数: 0
FAカップ出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ★☆☆☆☆
◆ザルツブルクから欧州王者へのステップアップも…
ザルツブルクではチャンピオンズリーグで十分な存在感を示した南野だったが、その活躍を受けて移籍した昨季の欧州王者であるリバプールでは結果を残せなかったため、この低評価に。1月に大きなステップアップを果たした南野は少ないながらも出場機会を得たが、一番欲しかったゴールという結果は手にできず。チームに馴染むであろう来季以降の活躍に期待したい。

★武藤嘉紀[ニューカッスル]

プレミアリーグ出場試合数: 8(先発2)ゴール数:0
FAカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 0
EFLカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 1
評価:☆☆☆☆☆
◆プレミアの高い壁
昨季に続き、プレミアリーグの高い壁に武藤はもがき苦しんだ。ブルース新監督が就任した中、シーズン序盤は途中出場ながらプレーする機会が与えられたが、第8節以降はベンチにすら入れない状態が続いた。結局、今季はプレミアリーグでゴールを挙げることはできず、リーグカップでの1ゴールに留まってしまった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/654c9236e7c38876dc9a98546b42dd52a79f17de

7:: 2020/08/09(日) 18:20:37.78 ID:2Fah6fC10
大迫高過ぎ。既に1部でレギュラー張るレベルにはないと思う

 

9:: 2020/08/09(日) 18:30:26.44 ID:n5OoZpuN0
吉田の評価☆2って低すぎね?

 

11:: 2020/08/09(日) 18:33:56.54 ID:n5OoZpuN0
大迫、南野、武藤とか
使えないFWは要らないよ

 

12:: 2020/08/09(日) 18:38:28.98 ID:bJ6aPoxN0
日本人最高FWは未だ岡崎なんだよな

 

13:: 2020/08/09(日) 18:40:20.28 ID:gH9fKgLi0
>マジョルカの大半のゴールシーンに絡んで見せた。
いくらなんでも適当すぎるだろww絶対観てないよな

 

14:: 2020/08/09(日) 18:43:57.99 ID:VADbtRIz0
もちろんチームの成績が全てじゃないけど降格した久保が何故異常に高い評価なのか理解できない

 

15:: 2020/08/09(日) 18:45:20.91 ID:TjwGH8Hi0
乾は大活躍だったろ
ちゃんと評価しないと事務所総出で行くんで

 

16:: 2020/08/09(日) 18:45:43.72 ID:lLLGlf6e0
冨安のゴールはとてもよかった

 

17:: 2020/08/09(日) 18:48:01.92 ID:mv/ZiemV0
8ゴールで残留させた大迫が久保より下はない

 

18:: 2020/08/09(日) 18:50:06.94 ID:fezi4e710
>>17
そもそも残留争いしてちゃダメなチームだから

 

19:: 2020/08/09(日) 18:50:27.13 ID:aSasXjz60
イニエスタが居ても神戸は誰も点取れない、イニエスタが居なくてもメッシは点取りまくり
所詮自分で点取れない奴はどこ行っても見映えだけの効果のない便利やさん

 

52:: 2020/08/10(月) 02:32:46.70 ID:jA6ebqg20
>>19
メッシは自身の能力が高い上にあれで自分に合う選手を選んで使わせるからイニエスタが居なくても結果出せるんだよ
神戸はそんなんおらん、イニエスタが悪いわけじゃねー

 

66:: 2020/08/12(水) 11:13:46.42 ID:CLwGs2680
>>52
ポドルスキとかビジャはダメだったんすか?

 

21:: 2020/08/09(日) 18:52:20.11 ID:bwlSp9Ye0
噛み合わない時もあるけど一番期待出来るのはやっぱり大迫だな
あと伊藤純也はどうなんだ

 

28:: 2020/08/09(日) 19:31:08.70 ID:RX5vPwES0
吉田が星2つじゃ評価が低いな、吉田加入後レギュラーでサンプは連勝街道に入り残留させたんだから星3つでもいい気がするが前半戦のサウサンプトン時を含めて星2つ半で

 

34:: 2020/08/09(日) 20:34:01.28 ID:FiRBWajG0
柴崎は評価にも値しないってことか

 

38:: 2020/08/09(日) 22:19:23.26 ID:n5OoZpuN0
>>34
4大リーグの1部在籍選手限定だから…

 

35:: 2020/08/09(日) 20:48:03.03 ID:DF/kR0PK0
大迫が試合の中で一番違いが作れるであろう低い位置でのポストは
あんなの誰であれ身体壊されるためにプレーしてるようなものだから
現実的なプレーじゃなかったんだなと
今季の大迫見て理解できたわ

 

36:: 2020/08/09(日) 21:04:18.86 ID:jJKGxvX+0
冨安で星4とか、どうすれば星5取れるんだよ
久保も降格させて星4は無いわ
吉田は移籍してから活躍してるからせめて星3
それ以外は順当

 

39:: 2020/08/09(日) 22:22:54.21 ID:CDvNvW1l0
なんだかんだで吉田の判断って冷静で正しかったな・・・

 

44:: 2020/08/09(日) 22:51:32.74 ID:NCcIRF8x0
冨安は相手選手の細かい切り返しに大きく振られてついてこれなくなる
あとクロスボールのコースも普通に開けすぎてアシストされる原因もつくってた
意外とサイドバックでは通用していない

 

転載元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596964551/